メインイメージ 画像1 画像2 画像3 画像4
スマホ用メインイメージ

簡単に眉毛を濃くするには

はじめに

 自分の眉が育つまで待てないときに、眉毛をすぐに濃くするにはどのようなアイテムを使う方法があるのでしょうか。
この記事では簡単に眉毛を濃く見せ、自然な感じに仕上げる方法をご紹介します。

アイブロウパウダー

 眉毛を濃くするコスメにはペンシル、パウダー、マスカラなどがありますが、パウダーで仕上げると立体感が出て自然な感じになります。
ペンシルやリキッドマスカラにパウダーを配合されているものもあり、価格は1000円ぐらいです。

 アイブロウパウダーは単色と多色のタイプがあり、パレットに入っています。
塗り方はまず眉山から眉尻に向かって塗り、次に眉の中間部にパウダーを乗せ、眉頭に残ったパウダーをなじませます。
眉頭は鼻筋につながる方向に薄く塗ると自然な仕上がりになります。
多色タイプを使うときは眉頭に最も濃い色、眉頭に最も薄い色、それらの間に中間色を塗ります。
パウダーを塗るチップの太さが2種類ある場合、眉山~眉尻を細いチップ、残りは太いチップで塗ります。

ファイバー入りアイブロウ

 ファイバー入りのアイブロウを使うとボリュームがある眉になります。
使い方はチップの細い部分で眉毛が生えている方向に描き、コームでなじませます。眉毛が薄い部分はほかの部分よりしっかりとつけます。
ファイバー入りアイブロウのカラーはダークブラウン系またはクリアタイプで、標準的なダークブラウンに加え、少しベージュがかった色、赤茶がかった色、黒に近い色などから選ぶことができます。
主な成分はポリマーやミネラルなどで、お湯で落とせるタイプもあります。
メイクを汗、皮脂、摩擦から守る成分やファイバーを密着させる成分で持続性を高め、商品により加水分解ケラチンやパンテノールなど眉を保護する成分を配合しています。

 価格は1本あたり1000円~5000円で、有名化粧品メーカー・ブランドからも販売されています。ファイバー入りの眉毛用コスメの多くはリキッドですが、パウダータイプもあります。

詳細
Copyright© 2013 Perfect Guide to hair growth All Rights Reserved.