メインイメージ 画像1 画像2 画像3 画像4
スマホ用メインイメージ

育毛剤にも種類がある

画像

一口に育毛剤といっても目的別にいくつか種類があります。

ここではその種類や系統を簡単に分類していますが、
何が優れていて何が劣っているという事はありません。

重要なポイントとして挙げられるのは、
自分自身の抜け毛の原因にマッチしたものを選ぶこと。

それを意識しながら見てみると面白いかもしれません。

  • 血行促進をサポートするタイプ

もっとも一般的でポピュラーなタイプだと言えるでしょう。
他の効能もあわせもっているケースも多いので、
商品の詳細まで確認してみましょう。

頭皮の血流が良くなると、髪の毛をはやす「種」である毛母細胞に
十分な栄養素がいきわたることになります。

これによって健康的で丈夫な毛を育てるのが目的です。
もちろん、結果的には抜け毛の予防になるでしょう。

  • 男性ホルモンを抑制するタイプ

脱毛の最大の要因として知られている男性ホルモンの分泌を抑えます。

男性ホルモンが変化した物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)は、
正常な育毛サイクルを歪めてしまうのです。

ただし、このタイプは医薬品であることが多く副作用の危険もあります。
そのため、基本的には医師の処方を受けた後で使用することになります。

そのため、あまり使い勝手が良くないという点と、
安全性が保障されていないという点がデメリットになります。

  • 皮脂の分泌を抑えるタイプ

皮脂が過剰に分泌してしまうと、髪が汚れたり、毛穴が詰まってしまって
薄毛の原因になると言われています。

基本的にはシャンプーだけでも改善可能ですが、
体質から来ている場合や、効率よく効き目を実感したい場合には、
このタイプの育毛剤が活躍します。

基本的には血行を促進させる成分が入っているのがセオリーですが、
しっかりと詳細を確認する必要があるでしょう。

シャンプーにも種類がある

画像

私たちがスーパーや薬局で見かける市販の従来型商品、
石鹸タイプやアミノ酸タイプなど・・・

実は様々な商品の種類が存在していることはご存じでしたか?
今では良質な育毛シャンプーがスカルプシャンプーとして
次第に認知度を上げていますが、一体どんな違いがあるのか、
それに明確に答えられる人は多くありません。

ここでは、そんな疑問を解消します。

  • 高級アルコール系

スーパーや薬局で市販されているタイプです。
最大のメリットとして価格の安さが挙げられますが、
その他には余り評価することが出来る点はありません。

この酷評の要因として最大のポイントになるのが配合成分と洗浄力です。

多くの製品に配合されている成分としてラウリル硫酸や硫酸塩があります。
これらは非常に刺激が強い化学物質で頭皮に大きなダメージを与えます。

「育毛」を少しでも意識している場合は使用を避けた方が賢明です。

また、皮脂を根こそぎ洗い落としてしまうので、
地肌が乾いて余計に脂分が分泌されます。
結局、ベトベトの髪の毛になってしまうのです。

  • 石鹸系

文字通り石鹸をベースにしたシャンプーです。
洗浄力も適当で頭皮への刺激も弱いことがメリットです。

その反面、髪が軋んでしまうというデメリットがあります。
また、石鹸カスが頭に残るのでクエン酸リンスで洗浄する必要があります。

  • アミノ酸系

髪の毛を構築している成分のひとつアミノ酸が主原料です。
そのため、髪や頭皮へのダメージが殆どありません。

さらに高級アルコール系のように洗浄力が強すぎるということもなく、
適切な洗浄力でしっかりと洗いあげることが可能です。

以上の理由から育毛にもっとも適しているのがアミノ酸系といえます。

しかし、価格がやや高いのが難点かもしれません。

サプリメントで育毛?

画像

サプリメント(錠剤)を使って身体の内側から
抜け毛を改善するという方法も最近では注目されています。

シャンプーなどと組み合わせて使用してみても良いでしょう。
体内から栄養を取り入れることは重要ですので、
活用すると良いでしょう。

例えばBUBKAなどは、サプリ・シャンプー・育毛剤が揃っていますので、
継続や相乗効果の面から見ても優秀です。

もちろんサプリメントを使わなくても十分に育毛は可能です。

効き目のありそうな成分としてはビタミンやミネラルなどの
日常生活で不足しがちな栄養素などが挙げられます。
その他にも、イソフラボンなどの女性ホルモンに似た働きを持つ栄養素で、
ホルモンバランスを整えて薄毛を防ぐという方法があります。

まとめ

まずは、それぞれの製品の特徴をしっかり把握する必要があります。
その後に、自分に合ったものかどうか判断しましょう。

そして何よりも大切なのは安全性と地肌への負担です。
安全性は高ければ高いほどイイですし、
地肌への負担は少なければ少ないほど優秀な商品です。

その点を意識しながら製品選びを進めるのがポイントです。

詳細
Copyright© 2013 Perfect Guide to hair growth All Rights Reserved.