メインイメージ 画像1 画像2 画像3 画像4
スマホ用メインイメージ

ハゲ対策と生活習慣病予防の意外な関係

年齢とともに加速していく薄毛や抜け毛に、
悩まされている人は少なくありません。
それと同時に、まだ30代・40代であるのにも関わらず、
ハゲに悩まされている人も同じく少なくはないでしょう。

こういったハゲの大きな原因は男性ホルモンの過剰分泌によります。
もちろん、テストステロンなどのホルモンは、男性にとって、
必要不可欠な物質のひとつではあります。
これは、筋肉を強くする成分であり、精子の分泌などにも
大きな影響を与えると考えられています。

しかし、その一方で、抜け毛の要因にもなると考えられています。
それ故にホルモンバランスを正常に整えてあげるのが理想的です。

また、ハゲの大きな要因として考えられているのが「生活習慣」
近年では、大きく乱れつつある日本人の生活が拍車をかけて、
男性と女性を問わずに抜け毛に悩まされている人も多いようです。

ここでは、そういった生活習慣とハゲの関連性を解説します。
十分な知識を身に着けて、日常生活から薄毛を改善しましょう。

タバコ

喫煙は肺がんや動脈硬化などのリスクを高める健康面でのデメリット以外にも、
抜け毛に大きく悪影響を与えるという事で知られています。

まさに百害あって一利なしです。
もしも、喫煙者の方で抜け毛に悩まされている人がいれば、
一度、禁煙に挑戦してみてはいかがでしょうか?

飲酒

程よいお酒は「百薬の長」と言われているように健康にも好影響を与えます。
しかし、度が過ぎると健康にも悪影響を与えてしまいます。

例えば、メタボリックシンドロームが代表的な例です。
内臓脂肪が蓄積していくことによって肥満体系になってしまいます。

さらに、薄毛にも悪影響があると考えられています。
もちろん微量であれば、育毛にも効果があると言われていますが、
ほどほどでやめるようにしましょう。

食生活

近年では、戦後当初の日本とくらべて卵や肉などの摂取量は、
爆発的に急増している傾向にあるといわれています。
それと同時に急増しているのが癌の発病率です。

国民の平均的な野菜摂取量では理想値には到底及ばないとも考えられており、
このために、血中のコレステロール値が上がってしまっていて、
いわゆるドロドロ血液になっている方が多いようです。

このため、頭皮の毛母細胞というところに栄養が届かなくなり、
貧弱で細い抜けやすい髪の毛しか生えてこなくなるのです。

そのため、しっかりと野菜を摂取する必要があります。
特に青汁は、効率的に栄養を摂取できることから、
非常に有用な育毛対策として考えることができるでしょう。

詳細
Copyright© 2013 Perfect Guide to hair growth All Rights Reserved.