メインイメージ 画像1 画像2 画像3 画像4
スマホ用メインイメージ

フケと脱毛

フケと脱毛についてですが、大きく関係してきます。フケの種類には、乾燥と脂性があります。乾燥したフケは、清潔に保つことを考えすぎてシャンプーの際に過激になってしまったり、成分が強すぎるシャンプーを使うことが原因になっていることが多いようです。

それが原因となり、頭皮の潤いを失ってしまい乾燥してしまうのです。原因も異なってきますが、あまりにも気になってしまう場合には、皮膚科などで1度医師に見てもらう必要があります。

フケといっても馬鹿にできません。フケを餌にする常在菌が繁殖してしまい、炎症を起こして、肥厚性脱毛症になってしまうこともあります。

また、フケが毛穴をふさいでしまうこともあり頭皮にはかなりの負担がかかってしまい、脱毛の原因にもなってしまいますので注意しましょう。

脂性の場合には、皮脂の分泌が活発な方に多くフケがでてしまいます。脂性のフケが多い方は注意が必要になってきます。脂漏性皮膚炎の疑いがあると言われています。

また、脂漏性皮膚炎により脱毛を引き起こしてしまう可能性もあるのでなるべく早めに医師に相談してみる必要があります。脱毛の種類は様々ですが、フケが原因となり、脱毛してしまうこともありますので、フケを馬鹿にしないようにしましょう。

フケが多く見られる場合には、皮膚科に相談にいくようにし、早めの対策を行っていく必要があります。また、頭皮や髪を清潔に保つことはとても重要なことですが、なるべく頭皮や髪に負担となってしまう成分が入っているシャンプーなどは避けるようにしましょう。

脱毛をした場合はどなたでも、育毛を望むと思いますが、脱毛の原因をしっかり把握する必要があります。原因や症状によって改善する方法や予防法なども違ってきます。自分がなぜフケが出るのか日常でシャンプーの見直しなど行ってみるようにしましょう。

脱毛をケアしていくには、自分の判断では悪化してしまう原因になってしまいますので、皮膚科に行ってきちんと診断してもらうことがお勧めです。悩んでいないで医師に相談してみるようにしましょう。

詳細
Copyright© 2013 Perfect Guide to hair growth All Rights Reserved.