メインイメージ 画像1 画像2 画像3 画像4
スマホ用メインイメージ

薄眉を濃くする育毛

はじめに

 近年、太眉が流行していますが、どのようにしたら濃くなるのでしょうか。
この記事では眉毛を濃くする方法をご紹介します。

育毛剤、美容液の選び方

 眉毛は真皮にある毛母細胞が分裂して伸び、そのために必要な栄養と酸素は毛乳頭が毛細血管から毛母細胞へ渡しています。
代謝が悪いと毛を作る活動が滞り、維持する機能が衰えてしまうため、眉毛の育毛剤・美容液には血行を促す成分や、地肌を整える成分が含まれています。
眉毛を抜いても毛母細胞とその周辺組織が抜けていなければ再び生えてきます。

 眉用の育毛剤や美容液は男女共通で、使い方は朝や夜の洗顔後に塗り、ブラシで塗るタイプと指で塗る商品があります。
医薬品の眉毛育毛剤は男性ホルモンが含まれているので妊婦中、妊娠の可能性がある、前立腺特異抗原の数値が一定以上、睡眠時無呼吸、円形脱毛症などの方は使用できません。

 医薬部外品の眉毛育毛剤にはグリチルリチン酸ジカリウム、センブリエキス、ニンジンエキス、ビタミンB6、パントテン酸などの有効成分が一定以上の濃度で含まれています。
濃度は分かりませんが美容液にもこれらの成分がよく配合されていて、そのほか眉毛にハリ・コシを与える成分にも力を入れています。

栄養をとる

 毛の大方はケラチンというタンパク質でできていて、ケラチンを構成しているアミノ酸のうちメチオニンは体内セ生産できないため食事から摂る必要があります。
またタンパク質の代謝に関わる「ビタミンB6」、肌を健康に保つ「ビタミンA」、血行を促進する「ビタミンE」も育毛に良い栄養素です。
眉毛育毛用のサプリメントにはビオチンやポリアミンのほか、色々なビタミンミネラルが配合されています。

地肌をケアする

 眉毛が生えている場所や周辺の皮膚にアレルギーや脂漏性湿疹があるなど肌トラブルがあれば健康な状態にすることが第一です。
また新陳代謝を盛んにし、毛母細胞に栄養と酸素が届きやすくするため、軽くマッサージをすると効果的です。

詳細
Copyright© 2013 Perfect Guide to hair growth All Rights Reserved.