メインイメージ 画像1 画像2 画像3 画像4
スマホ用メインイメージ

育毛に悪い習慣

このサイトを見ている方の中には、髪の悩みから育毛について調べている方が多いと思います。

調べていく中で、育毛剤や育毛製品を使う前に改善するべき習慣があることに気が付いた方も少なくないはずです。

この改善点を無視していては、どんな素晴らしい製品を使っても最大限の効果は得られないと言っても過言ではないでしょう。

髪に悪影響を与える習慣というのは、「バランスの崩れた食事」「頻繁な飲酒」「喫煙」「運動不足」です。

これらは、現代日本人にとって深刻な問題とされている「生活習慣病」の原因ともなっている要素です。

バランスの崩れた食事というのは、野菜が不足している肉やジャンクフードを中心とした脂っぽい食事です。
飲酒はたまにならそれほど影響はないのですが、頻繁に量を飲んでいる場合は確実に悪影響が出ます。

これらが髪の育成にどのような悪影響を及ぼすかというと、血中のLDLコレステロール値が上昇することによって血液がドロドロになり、髪の毛を作る器官に酸素や栄養素が届かなくなってしまいます。

必要なものが届かなくなることで当然髪の毛の成長サイクルは乱れて抜け毛が増えたり、弱々しいすぐに抜けてしまうような細い髪の毛しか作り出すことが出来なくなってしまうのです。

煙草は言うまでもなく健康への害を及ぼします。現在では「百害あって一利なし」と言う認識も広まり禁煙ブームとなっています。

では、タバコは髪の毛にとってどのような悪影響を及ぼすのか、こちらで詳しくご説明したいと思います。

煙草で血行が悪くなる?

タバコを吸うと血行が悪くなるという事をご存知ですか?

前述したように、血行不良は健康な髪の成長や頭皮の働きにとって大敵です。

喫煙によって身体の毛細血管が収縮してしまうのは、ニコチンの作用によるものです。
ニコチンの作用が消えると血管も元に戻るのですが、ニコチンには依存性があるのが難点です。
煙草を止めたくても止められない人が多いことからも分るように、煙草を一本吸い終えて血管が元に戻っても、依存性によってまた吸ってしまう為、何度も収縮と拡大(正常な状態)を繰り返す事となり、やがて血管はかたくなってしまいます。
血管がかたくなってしまうと、血管壁が壊れやすくなったり血流がさらに悪くなってしまう事になるのです。

他にも、喫煙することで体内に一酸化炭素が入ってくることとなり、血中の酸素濃度が著しく下がってしまいます。

ヒトが生きるのに必要な酸素は血液によって体中に運ばれますので、これは慢性的な酸欠状態を意味します。

当然髪を作り出す器官への酸素供給も悪くなりますので、健康的な髪は作られなくなるのです。

ビタミンCが失われると・・・

たばこが人体および髪の毛に与える悪影響には「ビタミンCを破壊する」というものもあります。

ビタミンCは大変身近で耳にすることも多い栄養素の一つです。
女性の美容に欠かせないといったイメージも強いですが、髪の毛を作るためにも欠かせない栄養分です。

知らない方も多いのですが、髪が抜けたり薄毛になったりする原因の一つに「ビタミンC不足」があります。

ビタミンCは美肌だけに役立つ成分ではありません。
ビタミンCはコラーゲンの生成に欠かせない成分ですので、コラーゲンが必要な頭皮に影響を与えてしまいます。
コラーゲンが不足すると、頭皮がかたくなって不健康な頭皮環境になってしまい、それが薄毛の原因となってしまうのです。

たばこはビタミンCを非常に多く破壊してしまいますので、髪の為にも健康のためにも吸わないのが一番です。

厄介な活性酸素

最近、アンチエイジングという言葉がはやっていますが、アンチエイジングとは老化をくい止めることを指します。

どのようにして老化をくい止めるのかというと、「抗酸化物質」によって「活性酸素」を除去するという方法で行います。

一見すると活性酸素は非常に悪いもののように捉えられてしまいますが、本来は身体をウィルスなどの外敵から守るためのものです。

しかし、必要以上に増えてしまった場合、活性酸素は非常に不安定な構造の為、他の細胞から分子を奪って安定しようとしてしまいます。

他の細胞から分子を奪うという事は、健康な細胞を傷つけるという事です。

細胞が傷つけられることで外見的な老化にも繋がり、免疫力を低下させたり、癌細胞を増やす原因となります。

そして、これは髪の毛の育成にも深く関わってきます。
活性酸素は髪の毛を作り出す毛母細胞も傷つけてしまいます。
傷つけられた毛母細胞や頭皮は健康な髪の毛を作ることが出来なくなり、結果髪がどんどん薄くなってしまいます。

大問題の活性酸素ですが、煙草を吸うことでどんどん増殖してしまいます。

最近の育毛剤や育毛シャンプーは大変優秀で、活性酸素を除去する抗酸化物質が含有されている物がたくさんありますが、これらは本来髪や頭皮の栄養として使われるように配合されています。
煙草によって活性酸素が増殖してしまっていると、これらの有効な栄養成分が活性酸素の除去に使われることとなって、栄養を送るという本来の働きが低下してしまいます。

これほど育毛にとって妨げとなるたばこは、真剣に髪を生やしたい場合には非常に大きな妨げとなると言えるでしょう。

詳細
Copyright© 2013 Perfect Guide to hair growth All Rights Reserved.